大島康徳 熱血野球人 大島康徳公式サイト  
スケジュール
ブログ
ギャラリー
リンク
出演お問い合わせ
ブランク
野球上達講座
スペース
大島相談室
スペース
講演・講義依頼
 
Selection-J
希須林
セイリョウ
ラップポン
 
   
  ニュース
 

 

大島康徳

【バットの持ち方】

まずバッターは、バットを持つことから始まります。このバットの持ち方で意識してほしいのは、傘をさすようにバットを持つということです。
傘をさすとき皆さんは傘をどうやって持つかなんて、考えたことはないはずです。かさと自分の身体との距離をどれくらい離すか、ヒジの角度は何度くらいにするか。そんなことは全く意識せずに傘を持っているのでしょう。
しかもその傘の持ち方は多少差はあれ、ほとんどの人が同じように持っているものです。この傘の持ち方こそ、棒状のものを持つときの基本。バットもかさと同じようにもてば、もっともバットが動かしやすくなるはずです。

   
 

【グリップ】

グリップは濡れたタオルを軽く内側に絞るように両手を軽く絞り指の関節と間接とが合うようにするというのが基本。グリップをこの形にするだけで自然と脇も閉まるものです。
逆にグリップを軽く絞っていないと、両脇が空いてしまい実際のバッティングの時には打つ瞬間に一度脇を締め直すという動作が必要になってしまいます。
だからといって、思い切り締める必要はありません。あまり締めすぎると脇も閉まりすぎ、柔軟性が失われるからです。また身体を力を入れすぎると力みになることもあるので注意しましょう。

 

大島康徳

   
 

 

Now Printing

【体重配分】

いいスィングをするためには両足に均等に体重をかけ、下半身を安定させる必要があります。しかし、これが簡単なようで非常に難しい。自分では5:5の割合で 立っているつもりでも、実際は右サイド、左サイドに傾いていたり、前につんのめるような姿勢や、後ろにのけぞるような姿勢になっている人もよくみかけま す。
とくにやっかいなのは、打つ前から、左足に重心が乗っかっている人。(右打者の場合。)通常は両足体重から、バックスイングで軽く右に体重を乗せる程度で OKなのですが、左足体重だと、一度右足に体重をのせるという動きが必要になり、身体の動きが複雑になってしまうことで、スイングの安定性も低下します。
両足に均等に体重を乗せるためにも、両足の親指の下を意識して立つようにしてください。そうすれば、どっしりと根の生えたような構えになるはずです。